オーディション合格者への特権!

※DVD/BD製作は調整中であり、確定ではありません。

※DVD/BD製作は調整中であり、確定ではありません。

今回製作する「情動 JYO-DO」ってどんな作品?

あらすじ

登場人物ご紹介

演劇の世界で生き抜こうとする若者たちの情熱と夢を描く青春映画。
地方の小さな劇団で、仲間とともに役者として成長しようとする照之。ある日、照之に大手プロダクションからスカウトの声がかかったことで劇団内に動揺が走る。
険悪になる仲間たち、先輩劇団員との衝突。劇団内の誰もが心乱れる中、次回作の公演が迫る。そんな中、照之は劇団の先輩俳優、高木と「演技での勝負」を挑まれることに…

数々の賞を受賞してきた製作陣をご紹介!!

日活撮影所スタジオセンターにて従事。在籍中は様々な映画に係わる。黒澤明監督『乱』、鈴木清順監督『カポネ大いに泣く』、松田優作『アホーマンス』など。後に、円谷映像で製作プロデューサーとして活動。並行して、俳優とスタッフの育成に携わり、学校法人東放学園の講師としても活躍。
累計400万部越えのヒット作『佐賀のがばいばあちゃん』の実写化を果たし、第4回ベルリン・アジア太平洋映画祭グランプリ受賞。『飯と乙女』で第32回モスクワ国際映画祭NETPAC賞受賞。第61回ベルリン国際映画祭CulinaryCinema部門作品。『ポチの告白』で日本映画プロフェッショナル大賞。その他、映画館大賞特別賞受賞、カンヌ国際映画祭&ベネチア国際映画祭出展、ニューヨーク日本映画祭観客人気投票第2位を記録した。発行部数2600万部の大人気漫画『ふたりエッチ』を映像化。2011年夏にドラマと映画の制作が行われた。その他、映画、Vシネマ、テレビ等50本以上制作。

演技未経験者、初心者でも応募・合格できますか?

皆さん応募するにあたり演技ができるかできないか当然考えると思います。「経験無いけど、大丈夫かな?」「演技できないけど受かるかな...」等々と。

まず、最初に回答させて頂きます。

答えは「YES」です。

今、売れている俳優さん女優さんも元々は未経験者であり初心者でした。
初めから演技が上手な方はおりません。

オーディションに挑戦し様々な作品に出演し経験を積み、 プロの役者へと成長していくのです。
そして『情動』が貴方の役者としてのステップになればと思います。

なぜならば今回の『情動』という作品はまさに素人だった若人達が 挑戦しプロという高みへと育っていく物語なので、 キャスティングも勿論、未経験・初心者を積極的に起用します。 出演者の方々と映画が共に成長し良い作品を作れたらと思います。

一人でも多くのまだ見ぬ「無限の可能性」とお会いできることを、 監督及び『情動』製作スタッフ一同楽しみにしております。

募集要項

募集内容
映画『情動 JYO-DO』出演キャストオーディション
募集対象者
18~50歳までの男女、演技経験不問
オーディション会場
東京
応募方法
当サイトの応募フォームからお申し込みください。
注意事項
※オーディション参加は無料ですが、会場までの交通費は自己負担となります。
※芸能関連の事務所に所属されている方のご応募はご遠慮ください。
※映画の題名は仮とさせていただきます。

たった3ステップで映画出演が決まる!

オーディションに合格した先輩たち

よくあるご質問 Q&A

年齢制限はありますか?
募集年齢は18歳~50歳までとなっておりますが見た目で問題なければ年齢は前後します。
ただし未成年の方の場合、保護者様の同意が必要となります。
オーディションに参加するのに費用はかかりますか?
オーディションは無料にて参加できますが、会場までの交通費は各自にてご負担ください。
ルックスに自信がありません。見た目がよい人が合格するのですか?
ビジュアルやスタイルで合否を決定することはございません。
それよりもキャラクターなどの個性や個人の考え方を重視しております。
面接・オーディションはどこで行われますか?
東京都にて行います。詳細は製作スタッフからお伝えします。
本格的な演技を一切したことがないのですがそれでも映画に出演できますか?
映画出演に向けて監督・演出・スタッフがしっかり演技指導を行いますのでご安心ください。

~最後に~こんなエピソードをご存知ですか?

今では映画・ドラマ・CMに引っ張りだこの有名俳優・女優もかつてはオーディションに何度も落ち続けた経験があることをご存知でしたか?

今では透明感溢れる若手女優の代名詞とも言えるのが女優 “有村架純”さん。

彼女は中学3年生の時にドラマを見ていて「自分ならこう演じる」と自然に考えている自分に気づき、女優を志すようになりました。 女優を目指して上京したのは2010年。そこから3年間はオーディションに落選続きの日々だったそうです。

受けたオーディションの数は述べ3ケタにもなり、最初は落ち込んでばかりでしたが、諦めず受け続けた結果、2013年NHK連続テレビ小説『あまちゃん』で演じた、小泉今日子さんの若い頃の役が注目を集め、2015年には主演を務めた映画『ビリギャル』大ヒットを記録し、現在の地位を築けるようになりました。

最初は誰もが素人です。最初からうまくいく人なんてそうそういません。
『自分にはダメかも...』 とためらってしまう気持ちもわかりますが、諦めてしまう前にまずは挑戦してみませんか?

大切なことは
「 一歩踏み出す勇気」と「失敗を恐れず挑戦し続ける勇気」

ただそれだけです。オーディション会場で素敵な原石とお会いできることを心よりお待ちしております。